竹井宏明  ─ 個展を終えて ─ ■■■ 2008年3月

かわいい
ペット感覚のマウスカバー
今後
(ある・るインタビュアー)
─ 個展を終えてのコメントなどありましたらお願いします。

竹井さん(以下「竹」) 「ご来場くださった方が作品を見て、ふふっと笑ったり、
へぇーって関心してくださったり、ふーんと納得してくださったりと、
それぞれにリアクションがあったことで、
コミュニケーションツールとしてのファッションやプロダクトという、
デザインの方向性に、自信を深めることができました。」


竹 「今回のように展覧会の会場というのも、
コミュニケーションのひとつの場ではありますが、
生活の中で、誰かに普通に使われてこそ、
本来のコミュニケーションのかたちだとも思っています。
生産や販売の問題もありますが、
そうなれることが最終的な目標です。」
予定
─ 今後の展覧会のご予定について詳しくお願いします。

竹 「5月の展示についてですが、
青山のスパイラルにて毎年行われているもので、
「9th SICF (スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバ ル)」 です。
会期はA日程5/2〜3とB日程5/4〜5があり、私が出展するのは、A日程です。
出展内容は、丸の内シリーズをまた少し違った見せ方で展示できればと思っています。」
文章担当:Art Space ある・る くわばらともこ
これからの御活躍をお祈りしています!
[>>1 インタビュー][2 個展終了後コメント]
| home |